様々な方法で肌の悩み解決|いぼもなくせる

病院に相談してみよう

鏡をみる婦人

痛みはそれほどない

鼻の横など、目に留まるところにいぼができ、悩んでいる人がたくさんいますが、この悩みは美容皮膚科で解決することができます。一般的な皮膚科では、保険外治療ができないため、保険内で処方できる外用薬で治そうとします。しかし、これでは効果が出にくいです。そこで、保険外治療を実施し、美容の観点からいぼを撃退する美容皮膚科の力が必要なのです。いぼ治療の場合、美容皮膚科ではレーザーを用いることが多いです。いぼに特殊なレーザーを当て、焼きとるのです。レーザーは熱を帯びているため、患者は施術中、一定の熱さや痛みを感じます。しかし、それは一般的に我慢できる程度です。表現するならば、輪ゴムで軽くはじかれた程度の痛みに過ぎません。痛みを感じやすい患者向けに、麻酔クリームを塗ってから施術することもあります。また、熱さに弱い患者には、保冷材などで患部を冷やしながら行うため、安心です。レーザー治療というと、痛みを思い浮かべる人が多いのですが、実際の患者は痛みに悩まされることなくいぼをとっています。

施術後のケアを頑張って

美容皮膚科でいぼを取った場合、施術後のケアを工夫する必要があります。何も気にせず、いつも通り生活していると、敏感になった施術部分が荒れてしまうことがあるからです。まず、洗顔の際は、低刺激の洗顔料を用い、泡立てネットで大量の泡を作ってから洗う必要があります。そっと泡を転がすように洗えば、肌に負担をかけずに済みます。また、敏感になった患部を直射日光に当てないようにすることも大切です。外出する際は、必ず日焼け止めを塗るようにすると良いです。さらに、基礎化粧品も低刺激のものに切り替えて、肌に負担をかけないよう、最低限のアイテムでケアすると良いです。オールインワンゲルなどが使えます。親切な美容皮膚科であれば、いぼを取った後のこうした注意点について、しっかりアドバイスをくれます。こうしたアドバイスに従い、ケアした後も気を抜かなければ、いぼを取った跡もすぐに消えます。施術後の跡を気にせず生活するために、施術から最低でも一カ月は、慎重にケアすることが欠かせません。